CONCEPT

concept01

美しく豊かな自然に恵まれた日本
その自然の中でハンモックに包まれるという心地良さ
そんな感覚をより多くの方々に知ってもらえたら。。。
2000年、とある夏の日の午後、とある静かな森でハンモックに揺られ始めました
折からの自然好きが興じて徐々にハンモックの魅力に飲み込まれていきました
2本の樹間でリラックスして自然と調和する方法、 心地良い空気の中でゆっくりくつろぐ方法をハンモックに教わりました
そしてその感覚が自分の部屋やリビング,テラスなどプライベート空間でも味わえる素晴らしさも教わりました
これが’ハンモックのあるライフスタイル’を提唱するきっかけでした
その後、オリジナルのカラーパターンや素材への徹底的なこだわりそして何よりも最上の乗り心地を追求するべく
オリジナルのハンモックブランド<Hammock2000>を立ち上げたのです

concept02

その後野外で行われる数々のマーケットやフェスティバル、野外パーティーやクラブイベントなどで数々の
ハンモックインスタレーションを行い日本におけるハンモック自体の普及に尽力しました
そしてその場でハンモックをコミュニケーションツールとしてたくさんの人々に出会いハンモックの素晴らしさを広めていったのです

concept03

さらにはその心地良さを常に体感してもらう場所として2003年山梨県北杜市にSHOW ROOM をオープンさせました
SHOW ROOMのコンセプトは実際にハンモックを見て、触って、乗って、その心地よさを体感する事にあります
そしてただハンモックを販売するだけでなくその使用方法や設置方法を長年の知識と経験からアドバイスしています
オリジナルハンモックの素材や乗り心地に絶対的な自信があるからこそSHOW ROOMが必要だった訳です
2008年、東京吉祥寺にハンモックカフェmahika manoをオープンさせます
ゆったりくつろぐカフェの空間にひろがる無数のハンモック、ハンモックのコンセプトショップとしても機能しています
もちろん客席はハンモック、美味しい食事も楽しめます
さらには2010年ハンモックユーザーの希望に答えるべく東京世田谷の閑静な住宅街にも直営のSHOW ROOMをオープンさせます

concept04

Hammock2000プロダクツはすべてオリジナル製品でありハンモックのオリジナルブランドです
使用する綿糸は選び抜いた良質のもののみを製糸場へ送り、乗り心地を追求した糸の細さに製糸します
次にその糸は染色場で色見本を元に染色されカラーを忠実に再現します
ノーマルコットンには再利用可能な環境にやさしいエコフレンドリーカラーを使用し
オーガニックコットンにはより高度な技術を用いる草木染め/ナチュラルダイにより染色します
染色された綿糸は熟練の職人達の手により一つずつ丁寧に編み上げもしくは織り機にかけられていきます
一本のハンモックを制作するのにはその種類により5日~2週間ほどの時間を費やしています
そして完成したハンモックは持ち運びや品質の保持が簡単に出来るようオリジナルバッグに収納されています
綿糸の品質と高度な染色により実現した多彩なカラーバリエーションを生かしつつカラーデザインを手掛け
ユニークで独創的なオリジナルカラーパターンを生み出していきます
ハンモックの大きさ、ネットのサイズやアームの長さなども既存のものとは異なり日本住宅の間取りや日本人の体型等を
考慮して考えられています
さらにはハンモック本体だけではなくオリジナルのハンモックスタンドや、室内設置には欠かせないアクセサリー類なども充実させています

concept05

最上級の心地良さを提供するには素材と制作過程すべてがとても重要だと考えます
またハンモック制作に関わる人々すべてが平等で良い環境のもとで楽しく働けるようにフェアトレードに認定された工房で作られています
そしてコットンを育てるところから始まりハンモックがみなさんの手元に届くまでの過程で関わったすべての人間が
ハッピーになれるよう願っています